紳士服まるわかり情報

洋服の収納に関しては、婦人服より紳士服の方が楽です

紳士服のスーツのズボンの収納について

女性であれば衣装持ちの方も多いので、衣服の収納に関しても色々な工夫をされている方もいらっしゃいますよね。 狭いスペースを最大限に活かすような収納システムを取り入れて、着ることだけではなく、いかに収納するかにも気を配ることも重要です。
紳士服の場合、女性ほどの衣装持ちはそれほど多くはないかも知れません。
それに紳士服のデザインも、婦人服に比べてパターンが限られているので、スペースもあまり必要とすることなく、効率的に収納出来る場合が多いようです。
たとえば、婦人服ではワンピースやロングスカートなど、丈の長いデザインの服が多い場合もあります。
こういったアイテムは、しわや折り目を気にして、ハンガーに掛けたまま収納することが多いですが、これによってタテ方向に多くのスペースが必要となります。
紳士服の場合、タテに長いアイテムと言うと、ズボン類やロングコート程度で、しかもコートは冬しか着ませんから、婦人服ほどのスペースを必要とすることは、ほとんど無いと言ってもいいでしょう。
シャツやアウターなどに関してはどちらも共通なケースが多いかも知れませんが、これらも紳士服ならば形やデザインはほぼワンパターンなので、効率よくまとめておけます。
婦人服では凝ったデザインや形のものもあるので、これらのためにまた別のスペースを取られることもあるでしょう。
さらに、収納とはただ服を片付ければ良いというものではなく、ある程度の見た目も求められることがあるので、こういったセンスも重要です。